治験 大阪

治験アルバイトに興味があった!

私はお金を稼ぐって事と治験アルバイトに昔から興味がありました。

 

普通の会社で普通の社会人として働いていた時期もあったんですけど、もっともっとお金稼げないかなっていっつも考えていたりしましたね。

 

自己紹介

そんなお金大好きな私の簡単な自己紹介をすると、私は大阪府の茨木市で生まれて、今現在も茨木市内に住んでいます。

 

学校は、穂積小学校、西陵中って進んで、高校は茨木高校に行きたかったけど、当然の如く受かるはずもなくて、茨木西高か吹田東高のどちらにするかでさんざん迷ったあげくに、茨木西高に通いました。本当は家から近い吹田東高校が良かったけど。

 

大学は行かずに専門学校とかも考えたけども、結局は早くお金を稼ぎたいって思っていたんで、電話対応の外注会社に就職してサラリーマンをしていました。

 

でも結局3年ぐらいで退職してしまって、ちょっと前までフリーター生活をしていました。

 

もっともっとお金を稼げる仕事に就きたいって思う気持ちが強かったけど、特別何か出来るって訳でもないんですけど、こんな私でも何か自分で事業が出来ないかなって本気で考えるようになったんですよね。

 

昔っからマンガとかアニメが好きだったんですけど、イラストとか絵とか描くのが好きで、マンガとかアニメとかのキャラクターとかイラストとかを書くような仕事を独立してしたいなって思う様になったんです。

 

当然ながらいきなりはそんな仕事が出来るわけでも無くて、勉強とか資格取得とかって言う事に専念しないと行けないんですけど、やっぱり生活もあるんで生活費を稼がないと行けないって事で見つけたのが「治験アルバイト」だったんです!

 

もともと治験バイトは興味も少しだけあったんで当面の生活費の為だと思って治験の仕事をしてみる事にしたんですよね。

 

幸いな事に私の住んでいる大阪府内には治験の会社の本社もあるし、大阪府内、大阪市内、関西圏での募集もすごい多いんですよね!

治験で大阪の募集が多いサイトはココ!

紹介するお医者さん

治験のアルバイトをする為にはまずは治験の公式サイトに会員登録(無料)をしないと行けないんです。

 

とりあえずは大阪とか関西圏の募集が多くて、国内でも最大級の治験の公式サイトをまず2つだけ紹介しておきますね。

 

「JCVNとV-NET」って言うサイトになるんですが、両方共に会員登録しておいて損はないと思います。

 

登録後に色んな募集を見る事が出来る様になるし、メールで色々とお知らせしてくれたりもします。登録はどちらも勿論無料ですからね!

 

 

JCVNの治験公式サイト

国内最大って言ってもいい治験サイトがこのJCVNになります。

 

本社は東京都になるんですが、大阪の募集もものすごい多いですし、兵庫県内とか京都府内の募集もものすごい多いし、いろんな種類とか日程の募集も載っているんでお気に入りの治験が見つかり易いと思いますよ!

 

JCVNの治験は、健常者2種類と疾患者4種類の6つに分かれているんで、下記の中から最も自分に当てはまる所への登録になります。一応参加条件の目安とかも書いておきますので参考にして下さいね!

 

治験の種類

治験の詳細と参加条件

糖尿病
高血圧

 

糖尿病疾患者と高血圧症の症状がある男性と女性はこちらへの登録になります。

 

日本人で一番多い病気って言われているのが糖尿病症と高血圧症の2つになるんですけど、募集もものすごい多くて募集が多いって事は求人数が不足しているって事で、結果高額の求人が多くなっているんです。

 

血糖値が高い、血圧が高いって言う男性と女性は治療中でも未治療でも参加可能ですよ!

 

【参加条件】

  • 糖尿病症の参加条件

    2型糖尿病と診断を受けた方(治療中・未治療ともに可)
    血糖値が130〜280mg/dlの方
    ヘモグロビンA1c(HbA1c)が6.5%〜10.0%の方

  •  

  • 高血圧症の参加条件

    拡張期血圧(上)が140以上
    収縮期血圧(下)が90以上の方

  •  

    ※参加条件は対象者の目安、申し込みの判断基準と思って下さい。

 

⇒糖尿病と高血圧の治験アルバイト登録はこちら

 

ニキビ
アトピー

 

ニキビとニキビ跡とアトピー性皮膚炎の悩みがある女性と男性jはこちらへの申し込みになります。

 

ニキビとか肌トラブルって言うのは男性よりも女性に人気の治験になるんですが、通常は二十歳以上が条件になるんですが、ニキビは12歳以上とか16歳以上とかの募集も多いんですよね。

 

ニキビの医薬品、ニキビケア化粧品、サプリメントなどの募集があったりするので、ニキビケアにお金を掛ける事が出来ないって言う人も登録とかできますよ!

 

【参加条件】

  • ニキビの参加条件

    ニキビに悩んでいる女性と男性
    募集に寄って白ニキビ(にきびの初期症状)何個とか、黒ニキビ/赤ニキビ何個とかっていう条件があったりします。
    基本的には20歳以上になりますが、募集によっては12歳以上とか16歳以上とかでも参加が出来ます。

  •  

  • アトピーの参加条件

    アトピーと診断受けた女性と男性(治療中・未治療ともに可)

 

⇒ニキビとアトピー性皮膚炎の治験バイト登録はこちら

 

喘息(ぜんそく)
咳(せき)の悩み
呼吸器官

 

喘息(ぜんそく)と咳の悩みと呼吸器官の症状がある男性と女性はこちらへの登録になります。

 

生まれつきの喘息、遺伝のとか喘息とかってなると中々改善出来ないし、医療費も高額になりがちですよね。治験で新薬を試すって言う人も最近は増えてきているんです。

 

小児喘息だった、吸入ステロイドを使う事がある、息とか咳が苦しくて夜眠れないなどの症状がある人が登録する事が出来ますよ!

 

【参加条件】

  • 喘息(ぜんそく)の女性と男性(治療中・未治療ともに可)
  • 元喘息の女性と男性
  • 喘息の疑いがある女性と男性

 

⇒喘息(ぜんそく)の治験アルバイト登録はこちら

 

メタボ
脂質異常者
(JCVN)メタボ・中性脂肪/脂質異常症

 

メタボ体型とか成人病とか生活習慣病で悩んでいる人も、ものすごい多くなっているんですけど、そんな男性と女性はこちらへの登録になります。。

 

食生活とか生活スタイルの変化、睡眠不足、新陳代謝が悪くなった、ストレスとかいろんな原因があるけれども、お腹回り、BMIってどんどん数値が悪化したりしますよね。

 

ちなみに脂質異常者って言うのは、中性脂肪・コレステロール値の数値に異常がある人の事を言います!

 

【参加条件】

  • 総コレステロール値・・・220mg/dL以上
  • 悪玉LDLコレステロール血症・・・140mg/dL以上
  • 善玉HDLコレステロール血症・・・40mg/dL未満
  • 高脂血症・・・中性脂肪値が150mg/dL以上

 

 

⇒メタボ・脂質異常症の治験アルバイト登録はこちら

 

65歳以上
高齢者

 

65歳以上の男性と女性も常に募集されていて、求人数が不足している状況になっているんで、高齢者の方はこちらへの登録になりますよ。

 

高齢化社会で需要が高まってきているけど供給が追い付いていない状況になるので、被験者が不足していて高額求人も多くなってきているのが高齢者治験になるんです。

 

年金以外の収入が欲しい方とも参加しているし、認知症とかアルツハイマー病、骨粗しょう症、尿漏れ、頻尿などの悩みの大きい募集も多いのが特徴ですね!

 

【参加条件】

  • 65歳以上の男性と女性
  • 大きな病気が無い男性と女性
  • 健康診断とか人間ドックで極端な数値異常が無い方

 

⇒シニア・65歳以上の男性と女性の治験アルバイト登録はこちら

 

健康な方
20歳から64歳まで

 

健康な男性と女性で年齢が20歳から64歳までの方はこちらへの登録になります。

 

新薬の臨床試験、健康食品、サプリメント、化粧品などのモニターとかの募集もあるし、第T相試験から第U相・第V相までの一般的な病気への参加って言う事もあります。

 

健常者に対して新薬の安全性と有効性を確かめるって言う工程もありますからね。

 

【参加条件】

  • 健康な男性と女性
  • 20歳から64歳までの男性と女性
  • 健康診断とか人間ドックで極端な数値異常が無い方

 

⇒健康で20歳から64歳までの男性と女性の治験アルバイト登録はこちら

 

 

 

 

V-NETの治験公式サイト

日本国内で最大級の治験会社で大阪に本社があるのが、V-NETになります。本社は大阪市の西区になります。

 

大阪府内、大阪市内、堺市、東大阪市などの募集もあったりするし、神戸市、尼崎市、京都、奈良、和歌山などの関西圏でも募集が多いんですよね。

 

競争率も高くなってしまうのがネックだったりしますけど、大阪から兵庫県とか京都とかの治験に参加したりも出来るし、逆に関西圏とか四国(香川県とか徳島県)とかから大阪の治験に参加する人も意外に多いんです。

 

V-NETの治験は下記の2種類に分かれていてどちらかへの登録(無料)になりますよ!

 

治験の種類

治験の詳細と参加条件

65歳以上
疾患者

 

年齢が65歳以上の男性と女性と病気をしている、症状がある、数値に異常がある方はこちらへの登録になります。

 

病気は治療中でも未治療でもどちらでも可能なんですが、高血圧とか糖尿病とかの疾患から、胸やけ、便秘、腰痛、尿トラブル、閉経後の女性、うつ病、精神疾患、双極性障害、タバコ依存、アルコール依存とかって言うまで幅広いんです。

 

65歳以上の男性と女性で健康な方もこちらへの登録ですよ。

 

【参加条件】

  • 65歳以上の男性と女性
  • 病気をしている男性と女性(治療中・未治療ともに可)
  • 数値異常がある方

 

⇒疾患者と高齢者の男性と女性の治験アルバイト登録はこちら

 

健康な方
20歳から64歳まで

 

健康な男性と女性で年齢が20歳以上から64歳以下の方はこちらへの登録になりますよ!

 

花粉症、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎、金属アレルギー、食物アレルギー、薬依存、喘息(小児期を含む)、高血圧、メタボリックシンドローム、糖尿病、過活動膀胱、うつ病、心臓病、てんかん、婦人科病などの軽い書状がある人も参加できます。

 

登録も無料で登録後にどんな募集があるのかを見れるようになります。

 

【参加条件】

  • 健康な男性と女性
  • 20歳以上から64歳以下の方
  • BMIが18.5から25の方

 

⇒健康な20歳以上から64歳以下の男性と女性の治験アルバイト登録はこちら

 

 

 

治験アルバイトについてイロイロ調べてみた!
治験の安全性は大丈夫?

最初に最近の日本の治験の安全性はかなり高いので安心して良いって思います。

 

私は最初治験バイトのサイトに登録はしてみた物の、申し込むまでには結構時間がかかりました。

 

最初はやっぱり治験って危ないんじゃあないのか?危険って聞くけど大丈夫か?安全性はどうなんだろう?とかっていう方がお金を稼ぎたいって言うよりも大きかったんですよね。

 

正直最初は怖いって思っていたし、怖いって思うのってべつに悪いことじゃあないし、慎重になるのは当然ですからね。

 

治験って参加する前に説明会とかもあってしっかりと説明をしてくれますし、新薬について、どんな副作用の危険性があるのか?って言うのを教えてくれます。

 

もし万が一、副作用が起こったとしても、眠気やだるさ、のどの渇きって言った軽い副作用程度だと思っていいと思いますし、それ以上の副作用が起こった時にも医師や看護師さんが当たり前だけどもしっかりと対応してくれます。

 

GCP(Good Clinical Practice)って言うのがあるんですけど、治験を実施する際に守るべきルールで、この中で一番守られているのが被験者の安全性なんですね。

 

治験に参加するのも、自由意志で、万が一途中でダメだと思ったら何時でも途中で辞める事も出来るし、その人権もGCP(Good Clinical Practice)で守られているんです。

 

臨床試験(治験)と人体実験の違いって言うのは、自由意志か強制かどうかって事ですからね。

 

治験バイトって何するの?

治験バイトって何するのって思っている人も多いですけど、基本的には採血、問診、健康診断的な物ぐらいしかありません。

 

それ以外の時間って自由時間になるので、各自自分のしたい事をしています。テレビ、マンガ、ゲーム、ネット、本、勉強、資格取得の準備、事業立ち上げ準備、仕事、寝るなどなどですね。

 

娯楽ルームみたいなのがあって、ゲームとか本とかを借りれたりもするし、自分でノートパソコンとかスマホとか持って行ってって事にもなります。各ベッドにはコンセントもあるんで充電とかにも使えます。

 

採血の回数は多いけども、それ以外の時間は自由時間なんで、時間の使い方、時間のつぶし方が結構大変に感じる人もいるかも知れませんね。

 

治験アルバイトで貰える金額は?

治験アルバイトで貰える金額の大体の平均金額になるんですけど、下記ぐらいかなって思います。※治験サイトに登録すると謝礼金がいくら買ってみる事が出来ますよ。

 

  • 入院治験・・・1日当たり、1万数千円から1万5千円
  • 通院治験・・・1日当たり、7.8千円から1万円
  • 在宅治験・・・1日当たり、5千円から1万円

 

大体の平均なんですけど、高額なのになったら1日2万円ぐらいのもあるし、8拍9日を2回行って最低金額49万円って言うのもありました。在宅は募集自体が少ないんであんまり信ぴょう性ないかもです。

 

あと3泊4日を2回で9万3千円って言うのもあったんですけど、基本的に長期になればなるほど貰える金額も高くなるっていうのが普通ですけどね。

 

その他言われているのが、ジェネリック医薬品よりも新薬の方が高くなる、特別な項目がある検査の方が高くなる、中小製薬会社よりも大手製薬会社の方が高くなるって事ですね。

 

治験アルバイトで貰えるお金って?

治験アルバイトで貰えるお金って正確に言うと負担軽減費って言うみたいですけど、謝礼金とか協力費って言われることもあります。

 

アルバイト代っては言わない方がいいって聞いた事がありますけど、やっぱり新薬開発で命を守るものなのでお金目当てっていう事じゃあないって事ですからね。

 

治験に参加する流れって?

治験に参加する流れですけど、ネットで全部完結するんで簡単だしすぐ終わります。下記はJCVNの流れですけど、他の会社でも大体同じ感じですよ。

 

  1. 新規治験ボランティア登録(仮登録)
  2. ネットで申し込みます。名前とかの個人情報を入力して、ログインIDとパスワードを入手して終わりです。

     

  3. 登録説明会参加(本登録)
  4. 説明会に参加します。JCVNの説明会は現在は東京でしか行われていないので、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の人は東京の説明会に参加する必要があります。

     

    関西、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、九州福岡県に住んでいる方は説明会への参加は任意になって居ますので、必要書類を郵送してもらって手続きして本登録完了になります。

     

  5. 治験申し込み
  6. サイトに登録すると、どんな募集があるのか、日程とか負担軽減費などを見る事が出来る様になります。

     

    自分に合う治験に申し込みをネット上か電話で申し込む事が出来ますので、参加条件などを確認して申し込んで下さいね。

     

  7. 事前検診
  8. 治験に参加する前に事前検診って言うのがあって、その治験委適した日とかどうかを検査されます。

     

    人気の高い募集なんかはかなり競争率高くなって、落ちる場合も多くなってしまいますが、受かった場合には後日連絡を入りますよ、

     

    事前検診の内容は、病院での)受診で、健康診断になって、所要時間は2時間以内程度です。合否連絡までの時間は、数日から数週間前後ぐらいになりますよ。

     

  9. 治験参加
  10. 事前検診に合格して初めて治験に参加する事が可能になります。通院治験、入院治験などの日程などの連絡も入りますよ。

 

 

治験の体験談

 

私の友達の話なんですけど、個人事業主でコーチングっていう勉強をしている子がいるんです。

 

同じ境遇って言っていいのか分かりませんけど、自営業って言うか自分で事業を立ち上げてって事で収入を得ようとしている事もあって、話も合うし、気も合うんでよく一緒に飲みに行ったりしている仲です。

 

ちなみにコーチングって言うのは、企業から新人研修とか企業研修とかを依頼されて、研修実施する事で企業からコーチング料を貰う事で収入を得るって事になるんです。

 

資格とかもイロイロ(他人を褒める資格など)あるみたいなんですが、独り立ちするまでには結構な時間がかかるって言うのも仕方のない事だと思います。

 

その子も結構頻繁に治験に参加しているんですが、大阪から奈良とか滋賀県とかの治験にも参加したりしています。勿論大阪で条件の良いのがあったら参加しているんです。

 

関西地区で治験の募集が一番多いのはダントツで大阪府だと思うんですが、2番目に多いのが、兵庫県と京都府になります。その次は奈良県で、次いで和歌山県、滋賀県とかになるって言っていましたね。

 

交通費とか宿泊代、食費も気にしなくて良いって言うのが治験のメリットなんですけど、採血以外の時間は自由時間になる事が多くて、自営業とか個人事業主とか資格取得の勉強中の人とかってそのすき間時間で勉強とかパソコン使って仕事したりしているんです。

 

自由時間がかなり多いって言うのも魅力的ですよね。

 

あと短期入院とか通院よりもある程度長期入院とかの方が高額な謝礼金になるみたいなんで、可なり厳選してからいつも参加しているみたいです。

 

 

うつ病の治験

 

うつ病とか精神疾患の治験も、医学ボランティア会JCVNでは開催されています。

 

この前メールでうつ病に関する予定治験アンケートのお願いって言うのが来ていました。アンケートには答えたんですけど、1年から2年程度の期間の間に15回から30回の長期的な通院を伴う治験を予定しているみたいですね。

 

アンケートに答えた人から条件に該当する人には優先的に案内してくれるって言うので答えてみました。

 

私はうつ病じゃあないんですけど、摂食傷害になった事があって、ムチャクチャ苦しんだ時期がありました。ご飯がのどを通らないって言うので酷い時にはご飯粒1粒も食べられないって時があったんです。

 

拒食症とは違うんですけど、過食症とも違うって診断されて、色んな薬を服用した事がありますけど、摂食傷害って結構きついし、精神的にも肉体的にもしんどいし、見た目普通なのにって所で他の人からの理解も得られない病気なんです。

 

今服用しているのは、デパスっていう精神安定剤になるんですけど、パルギン飲んでいた時期もあったけど、パルギンとデパスって同じお薬だと最近知りました。まあでもデパスって精神安定剤の中ではダントツに効果高いって言われている安定剤ですね。

 

まあ色んなのを10年近くに渡って飲んで来たので全部は覚えていませんが、メジャーどころは全部制覇したと思いますよ。下記が飲んだことあるのですがこれでも全然一部です。

 

  • デパス(一般名:エチゾラム)
  • ソラナックス(一般名:アルプラゾラム)
  • ワイパックス(一般名:ロラゼパム)
  • レキソタン(一般名:ブロマゼパム)
  • セパゾン(クロキサゾラム)
  • セルシン/ホリゾン(ジアゼパム)
  • ドグマチール(スルピリド)

 

こんな感じなんですけど、精神安定剤と抗うつ剤と吐き気止めとか食欲出す薬とかいろんな種類のを試してみたことがあります。

 

うつ病とか精神疾患とか摂食傷害とか対人恐怖症とかで苦しむ気持ちって分かるし、ほぼ治っているけど完治じゃあないのでうつ病の治験にも参加してみたいと思っています。

 

ちなみにアンケートで、「これまでに治療または指摘された項目」で下記の事を聞かれました。特にうつ病と可とは関係ないって思えるけど、新薬服用に関係するのかな?

 

  • 双極性障害
  • 脳に関する病気
  • 肝臓に関する病気
  • 腎臓に関する病気
  • 糖尿病
  • 緑内障
  • 悪性腫瘍(ガン)
  • 無呼吸症候群
  • 薬物アレルギー
  • 特に無い

 

まあとりあえず、日程とか場所とか謝礼金ってまだ未定だけども、大阪か関西圏で開催されてほしいなって思っています。


大阪の治験(臨床試験)について調べてみた!

大阪の治験

 

大阪に住んでいても、近畿各県の治験に参加する事も可能だし、結構メールで近隣県の募集案内が来たりもします。

 

関西の地図

兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県などなど、場所とか日程とかが合えば申し込んで参加って事になるんですけど、交通費が出る募集もあれば出ない募集もあるのでしっかり内容で確認してくださいね。

 

大阪から兵庫とか京都ってすごい近いんで別のそんなに苦にならないですよね。私は茨木市に住んでいるんで京都に行くのって、梅田とか難波に行くのとそこまで距離も時間も変わらないかなって思います。

 

神戸とか西宮とか尼崎市も近いし、特に治験参加ってなっても問題ないんですよね。大阪以外で募集が多いのは兵庫県と京都府ですからね。

 

大阪の治験バイトには四国からも参加者も結構多くて、徳島とか香川県とかから参加する人も多いんですよね。

 

フェリーとかもあるし(多分大阪南港とか泉大津港とかに着くんだと思う)、淡路島経由で明石海峡大橋通る高速バスとかだと2時間半ぐらいで着きますから近いですもんね。

 

 

大阪の治験の種類

 

大阪では色んな治験の種類の募集があるんですよね。

 

便秘の女性

上に挙げたようなメジャーな病気、糖尿病とか高血圧、血糖値、ニキビと行ったのって結構メジャーな治験になるんですけど、他にもたくさんあるんで色々と調べてみたんです。

 

軽い症状で言うと、胸やけ、便秘、腰痛、膝痛、肩こり、目の疲れなどなどがあります。

 

治験(臨床試験)ってお薬だけって思っている人も多いと思いますけど、薬以外の臨床試験も結構たくさんあったりするんですけど、健康食品、サプリメント、化粧品、美容品などなどですね。

 

ニキビ治験ではニキビ薬以外にもニキビ化粧品の治験もあったりするし、この前募集見ていたら、ヨーグルトを飲むヨーグルトモニター治験も募集されていましたし、クッキー食べるだけとかとかって言うのも昔ありましたね。

 

健康食品って幅広いし、シャンプーとかリンス、コンディショナー、洗顔フォームとかってやっぱりアレルギー持った人たちも多いんで、アレルギー体質とかの人向けに治験(臨床試験)も開催されていたりします。

 

健康食品の募集って言うのも少な目だけどあったら結構ラッキーで競争率も高くなってしまうんですけど、青汁、ファイトケミカル、ヒュウガトウキがあったとしたら体の良いものばかりですもんね。

 

膝、股関節の変形性関節症試験、寝ても疲れが取れない方、パーキンソン病、帯状疱疹後神経痛などなどの募集もありました。

 

 

JAXAの治験(臨床試験)

 

結構治験の中で有名なのが、JAXA(宇宙)の治験で、知っている人も多いかなって思います。

 

宇宙服

簡単に内容を説明すると、宇宙飛行の疑似体験みたいな感じで、狭い空間にどれだけいられるか?閉所での生活で、どれだけのストレスがかかってくるのか?体とか心への負担はどんなのか?って言うのを調べる治験になります。

 

JAXAって言うのが、宇宙航空研究開発機構なんですけど、宇宙に長期滞在する事を想定して、閉鎖空間、閉鎖環境下での閉鎖環境試験になります。

 

これが高額で有名で、38万円の協力費になるんですけど、13泊14日なんで1日当たり、27,142円の謝礼金になるんでかなり高額なんで美味しいって言えばオイシイですよね。

 

直近の募集は申込受付が2017年1月で終了しているので、次回開催は未定だけども、ちょこちょこサイトを見ていた方がいいかなって思います。ちなみにJCVNのサイトで宇宙航空研究開発機構(JAXA)の募集を毎回しているみたいです。

 

  • 治験の開催場所・・・宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター
  • 開催住所・・・茨城県つくば市千現2-1-1(閉鎖環境適応訓練設備)
  • 参加条件・・・20歳以上55歳以下の健康な男性と女性、研究のない様に同意して被験者として参加を希望する男性と女性
  • 協力費・・・380,000円(総額)

 

 

食べ物の治験

 

食べ物の治験(臨床試験)って言うのもたくさんあるんですけど、クッキーとかヨーグルトとかもあるけど、大阪って言ったら、たこ焼き、お好み焼き、焼きそばの粉もんですよね。

 

クッキー

さすがに、お好み焼きとかの治験って聞いた事ないけど、お好み焼きとご飯とか焼きそばとご飯とか炭水化物同士の食べ合わせが多いのが大阪だと思うんですけど、それによるコレステロール値とか中性脂肪、内臓脂肪、血糖値の上昇とかの治験はたくさんあります。

 

ヨーグルトとかクッキー大好きな人にはたまらない募集だと思うんですけど、私は大のコロッケ好きで、コロッケの治験とかってあったらさ以降に幸せなんですけどね。

 

中村屋のコロッケとかの治験とかあったら最高なんですけどね。

 

コロッケ食べる事での血糖値とか血圧とか数値変化のとかって言うのがあっても不思議じゃあないかなって勝手に思ったりしています。

 

酢も大好きなんで、酢を飲むって言う治験もあったら束申し込むんですけど、酢を飲む事で悪玉コレステロール値を下げて、善玉コレステロール値を上げるって言いますもんね。

 

 

お金を稼ぐって事

 

私はお金を稼ぐって事を考えて治験アルバイトをやってみようと思ったんですけど、治験だけでは勿論生計を立てる事は出来ないです。

 

お金を増やす

休薬期間を3ヵ月ぐらい開けないと行けないんで、頻繁に治験を受けたとしても3か月に1階のペースになりますし、全部で事前検査に受かるって事でもありませんからね。

 

あっちなみに事前検査だけでもお金は貰えますけど、検査代なんでかなり安いです。

 

一見したら、治験って10日間とかで20万円とか貰えるんで、生活出来そうとかって思ってしまいますけど、精神的負担とか体の負担も大きいと思うんで、結構厳しんですし、私の友達で長期入院治験は二度としたくないって言っている人もいますからね。

 

個人事業主とか自営業の人ですき間時間を上手く使ったり、資金確保の為に定期的に参加している人もいますけどね。

 

あと女性参加も増えてきているんですけど、中年の女性がやっぱり多くて、シングルマザーの方とかパートだけの収入じゃあ生活費が足りないって言う女性の参加も募集も増えてきているって思います。

 

私は将来の為の資金として治験始めたんですけど、他にもバイトルで見つけたネットのモニター登録とかアンケートモニター登録、ポイントサイト、内職的な物、覆面調査とかって言うのにも登録したりしています。

 

パソコンとかスマホで出来るモニター登録は、アンケートとかに答えるだけで少額ですけどお金とかポイントが貰えてポイントもお金に還元出来たりしますからね。